セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

 

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説。セフレ(は、一般的・法律的に「不貞行為」とみされるリスクがあります。男女が未婚・恋人不在の場合は問題になることは少ないのですが、既婚者の場合は大きなリスクを背負います。ここでは、そんなセフレがバレた時のリスクを詳しく解説しています。

 

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説
セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説 セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説
セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説 セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

 

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

一般的なセフレの認識

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

 

最近はセフレという言葉も普通に耳にするようになりましたが、社会的に認められている行為かといえばそうではないのが実情です。

 

特に結婚している人がセフレを作れば「不貞行為」「不倫」とみなされます。

 

セフレを法律的に言うと?

法律上には「セフレ」というカテゴリーは存在せず、男女のどちらか、もしくは両方が既婚者だった場合は不貞行為と解釈されるのが一般的です。

 

下記では、この絶対条件を踏まえて、セフレのリスクについて解説していきましょう。

 

 

未婚者のリスク

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

 

セフレを作るリスクが一番低いが男女両方が未婚だった場合です。この場合、例え周囲にバレたとしても法的には何のリスクも生じません。

 

恋人がいた場合

恋人がいたとしても慰謝料などのリスクはなく、あくまで自由恋愛の一環としてみなされる事でしょう。

 

しかし恋人間で揉める事は確実だと思われます。

 

 

既婚者のリスク

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

 

上記で解説した通り、例え恋愛感情がない場合でも、行っている事は「不貞行為」「不倫」にあたります。

 

不倫はどんな理由があろうとも社会的に許される行為ではありません。「セフレだから…」なんて言い訳は有用しないと理解しましょう。

 

離婚

一夜限りの浮気なら、離婚問題まで発展する事も少ないはず。しかし継続的なセフレ関係は不倫と同義の為、離婚は免れないと思った方が良いでしょう。

 

裁判

離婚調停という言葉を聞いたことがありますか?

 

これは問題のある離婚に対し民事法廷で採決を下す方法です。その裁判費用や敗訴後の慰謝料などを支払う義務を課せられます。

 

慰謝料

離婚が成立した場合、次に苦しむのは慰謝料です。

 

その額は相手によって大きく変わりますが、少なくても100万円単位の慰謝料が必要になります。

 

養育費の支払い

さらに子供がいた場合には、成人するまでの養育費の支払いが命じられる事があります。

 

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説
セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説 セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説
セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説 セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説

 

セフレを作るリスクとは?未婚者・既婚者のケース別でリスクを解説