セックスで避妊失敗の可能性がある時の対処方法とは?|セックスフレンドが欲しい

セックスで避妊失敗の可能性がある時の対処方法とは?

 

セフレとのセックスで避妊失敗の可能性がある時の対処方法を解説!正しい避妊方法を知り、失敗回避の対処方法を理解している人は少ないのが現状。あなたは間違った方法でコンドームを使い、避妊せず生で中出しをしていませんか?

 

セフレも一人の女性です。もし妊娠すれば中絶か出産かを考える必要に迫られます。そんな悲劇回避する為、正しい対処方法を理解しておきましょう。

生挿入は暴発中出しの危険があるので絶対にやめましょう!

 

生挿入は危険と考えましょう!

よく誤解されているのが、膣内で射精させ行わなけれは妊娠はしないと思っている人がいますが、それは大きな間違いで、射精をしていないのに男性器から出てくるカウパー液、いわゆる我慢汁の中にも精子は存在しています。その為、生挿入しているだけで妊娠の可能性は否定できなくなるのです。

 

暴発して中出しは最悪のパターン!

男性なら「今のは流石にマズイかな!?」なんて思う中出しをした経験があると思います。その時は幸運にも妊娠しなかったとして、今回も妊娠しないという保証はどこにもありません。本来中出しは、妊娠しても良い相手、または子供が欲しい場合にする事が大前提で、逆を言えば、妊娠して欲しくない場合は絶対にしてはいけない射精方法なのです。

 

望まない妊娠についての注意!

望まない妊娠は最悪のパターンと言えるでしょう。男性は妊娠させた責任を追及され、相手の女性も出産か中絶の選択を余儀なくされます。下ろす(中絶)事は女性の母体としての体を傷つけますし、心にも大きなダメージを受けてしまいます。あなたの迂闊な考えでゴムをしなかっただけで起こってしまう悲劇です。そんなことにならない様、日頃からしっかりと避妊について考えていきましょう!

コンドームは完璧な避妊とは言えない!

 

避妊方法と言えばコンドームを思い浮かべると思いますが、そもそもコンドームは正しい使用方法をしている事が大前提で、間違った使用方法では避妊率も大幅に下がってしまう事をご存知でしょうか?

 

コンドームでの避妊失敗例!

生で挿入し射精する直前でコンドームをつけた

射精直前まで生状態でのピストンを行い、射精するタイミングでコンドームを装着するパターン。これは一番してはいけないコンドームの使用方法。上記で説明をしましたが、ピストン時に出てくるカウパー液(我慢汁)の中にも精子は存在しています。その為、精子が子宮にが入り、受精してしまう確率が最も多いのがこのパターンです。

コンドームが破れた

コンドームは0.02ミリなど非常に薄く作られた避妊具です。封を切る際などに傷が付けば簡単に破けてしまいます。

射精後にスグ抜かなかった

射精後、いつまでも彼女の中に入れたままの状態にするとペニスがしぼみ、コンドームが外れたり中の精子が溢れたりする可能性がありますので、射精後はなるべく早くペニスを抜かないと妊娠の確率が高まってしまいます。

中でコンドームが抜けてしまった

これは主にコンドームとペニスのサイズが合わなかったり、上記のスグ抜かなかった場合に起こり得る失敗例。妊娠の可能性が否定できない他、自力で抜けない場合は産婦人科に行かなくてはいけません。

根元までコンドームをつけなかった

これもコンドームの誤った使用方法。コンドームの途中から精子が外に出てしまう失敗例です。コンドームはペニスの根元までしっかり着けないと避妊率が格段に下がってしまいます。

妊娠が発覚してからでは遅い!

 

上記、コンドームでの避妊失敗時、妊娠の可能性が否定できない場合は、念のため対策を講じておく必要があるといえるでしょう。それは何故か!?

 

妊娠発覚後では遅いからです!

 

 

射精から受精への仕組み

 

女性の腟内に射精された精子は、途中で大幅に数を減らしながら、生き残った精子が約15分ほどで卵管まで到達し、卵管を通って卵管膨大部に到達する時間は、射精から受精までに約1時間程度かかると言われています。

 

これを考えると、もし避妊を失敗をして子宮付近で射精をしてしまった場合、受精までには約1時間しかないのです。

 

受精まで1時間、着床まで5日〜7日と言われている!

もし受精してしまっても確実に妊娠と言える着床までには少し時間があります。しかし気が付かないで放っておくと「気づかない間に妊娠!?」なんて事態になってしまうことでしょう。

避妊失敗の可能性がある時の対処方法!

 

少しでも不安がある場合は早めの対処を!

射精から受精のタイミング、受精卵が着床するまで5日〜7日と言っても、早めの対処の方が女性への負担が減ることは確実ですので、緊急事態を回避する為の方法をお伝えしておきましょう。

 

念のためアフターピルを持っておく!

アフターピルは、緊急避妊薬と言われ、避妊失敗の可能性がある場合に服用すると、約98%の確率で妊娠を回避できるお薬です。

 

アフターピルの効果は?

アフターピルは精子の受精および着床を抑制し、早く飲めば高い確率で望まない妊娠を抑えてくれるお薬です。射精後すぐ彼女に飲ませれば、受精を防ぐことが出来ますし、受精後でしたら着床を抑制することができます。

 

ハッキリ言って、これが一番確実で、これ以外の方法はちょっと見当たりません。